痛みの少ないお産を目指します 中川産婦人科

よくある質問

 

不妊症についてのQ&A

Q.結婚して3年になります。去年から子作りにはげんでいますが、なかなか出来ません。
私は不妊症なのでしょうか?

 
A.不妊症とは、夫婦間で正常な夫婦生活があって、2年以内(避妊期間を除く)に妊娠されない場合を言います。
これは、通常夫婦の90%以上が2年以内に妊娠するという事実に基づいています。
でも、もし貴女が35才以上でしたら、早めに検査を受けられる事をおすすめします。

 

Q.子供がなかなか出来ないので、先日、産婦人科を受診しましたが、まず基礎体温をつけるように言われました。
基礎体温とはどういうものですか?

 
A.婦人体温計(薬局で買えます)で、毎朝、口内体温を測って、排卵による体温上昇(黄体ホルモンにより、約0.3度上昇します)を確認する方法です。
排卵がなくても、黄体ができれば体温が上がる事もあるため、超音波検査を併用して排卵の有無をチェックします。

 

Q.妊娠するタイミングはいつが一番いいのでしょうか?
 
A.実際、タイミングを合わせることは難しいことがありますね。
一般的には排卵が起る少し前にタイミングを合わせるのが良いと思います。
精子は比較的長時間受精能力を維持したまま体内に留まることができますが、卵子は排卵後半日程度しか受精能力がないからです。

 

Q.病院で、いろいろな検査が必要と言われました。
どんな検査をするのですか?また、費用はどの位かかるのでしょうか?

 
A.まず、不妊症の原因についてお話しましょう。検査で原因が100%分かるものではありませんが、できれば、原因が確認出来ればそれをつきとめてから治療する事が大事だと思います。
原因として、女性側によるものがおよそ1/3、男性側1/3、両者によるものが1/3と考えられていて(表1)、決して女性側に多いというものではありません。
検査は、大体、下記のようになります。


1.基礎体温
2.子宮卵管通過検査(造影法、通気法、通水法など)
3.血液中ホルモン検査
4.精子・頚管粘液適合性検査
5.超音波断層法
6.精液検査


費用は保険適応ですのでそれほどかかりません。但し、ホルモン検査は約1~2万円程の自己負担が必要になります。


list_funin

 

Q.私は子宮外妊娠を2回したため、体外受精が必要と言われました。
人工受精と体外受精とはどう違うのですか?費用はどの位かかるのでしょうか?

 
A.配偶者間人工受精(AIH)は、夫の精子を濃縮したり運動性の有るものを集めて、子宮内へ注入する方法です。
体外受精-胚移植法(IVF-ET)は卵管が詰まったりして卵管内での受精が望めない場合に、卵子を取り出し、夫の精子と試験管内で受精させ、それを子 宮内にもどす方法です。
また、配偶子卵管内移植法(GIFT)といって、どちらかの卵管がつながっていて、卵巣から得た卵子と精子を腹腔鏡下で直接卵管内 に注入してそこで受精させる方法もあります。
いずれも保険対象外のため、特にIVF-ETやGIFTは20~30万円かかるようです。

 

Q.夫が無精子症と言われました。もう子供は望めないのでしょうか?
 
A.顕微受精法(ICSI)という新たな方法があります。精巣内に精子の元になる細胞があれば、それを顕微鏡下で、直接卵子の中に注入して受精させる方法です。

 

子宮がんについてのQ&A

Q.子宮ガンとは、どんな病気なのですか?
 
A.子宮ガンは、ガンの発生する部位により、頚ガンと体ガンに分類されます(図1)、ガン細胞の種類も、発生原因も異なります。

 

Q.子宮ガンの原因は何ですか?
 
A.子宮ガンの約80%は頚ガンで、原因はヒトパピローマウイルス(HPV)であることが明らかになってきました(子宮頚ガンの9割以上にHPV-DNAが検出される)。
HPVは性交により感染するウイルスで、SEXの低年令化が若い女性の頚ガン増加の原因のひとつと考えられます。
体ガンは、原因がまだ不明ですが、女性ホルモンや欧米型の生活習慣などが何らかの影響をおよぼすと考えられており、中高年の女性に発生しやすいのが特徴です。

 

Q.どんな症状があるのですか?
 
A.子宮頚ガンは、その広がりの程度により0期から4期に分類されますが、出血がもっとも多い症状です。
しかし、0期(粘膜内に限局)の場合は、無症状の事が多いので、症状がないからと言って安心とは言えませんね。

 

Q.若い女性も子宮ガンになるのですか?
 
A.頚ガンの原因として、HPVが重要と考えられますので、SEXの経験があればいくら若くても可能性がありますし、特に、最近は20代の女性に頚ガンが発見される事が増えているという報告があります(29歳以下の女性で、約0.61%に異常細胞または、癌細胞が発見されるという報告があります)。
ただし、HPV感染は通常の性行為で感染しますが、感染者のすべてがガンにかかるわけではありません。

 

Q.何才位から、検診を受けたらいいのでしょうか?
 
A.もしSEXの経験があるのでしたら、20才から受けられる事をお勧めします。
地域によっては25才以上の方は公費の援助を受ける事ができますので、病医院の窓口で御相談下さい。

 

Q.ガン検診はあまり役に立たないと聞いたことがあるのですが?
 
A.多くの臓器に様々なガンが発生します。
たしかに発見するのが困難なガンもありますが、1998年に発表された「厚生省がん検診の有効性評価に関する報告」でも、頚ガン検診の有効性は高い評価を受けています。
子宮頚ガンに関しては、充分に有用なものと思います。

 

Q.子宮頚ガンの検査はどのように行うのですか?
 
A.まず、子宮頚部の細胞を擦り取って異常の有無を調べます(class 1~5に分類します)。
細胞の異常の程度により、次いで、局所からマッチ棒の先程の組織を取って詳しく調べます。(痛みは、ありません)
組織検査と内診などにより、ガンの進行度(広がりの程度)を決定(0~4期)、その結果、治療方法も決まります。

 

Q.私は結婚したばかりですが、子宮頚ガンの初期と言われました。もう子供は望めないのでしょうか?
 
A.初期に発見されて、よかったですね。初期とは0期から1期の一部と考えられますが、もし0期(粘膜内に限局)ならば、頚部の部分切除ですみますので、子宮を残すことが出来、妊娠は可能です。
主治医とよく相談してみましょう。