痛みの少ないお産を目指します 中川産婦人科

当院の取り組み


お産に対する当医院の考え方

自然分娩が原則と考えます。

しかし、昨今マスコミで言われている「子宮収縮剤による分娩促進はすべてが悪だ」という意見には反対します。

確かに、むやみな分娩促進は非難されるべきですが、母体と赤ちゃんのためにそれが必要と考えられる時には、十分に説明し納得していただいた上で、厳重な監視のもとで分娩を促進する場合があります。

お産の痛みは一人一人異なるものです。

どうしてもつらい場合には、ご希望により

『無痛分娩(硬膜外麻酔)---Painless Delivery (Epidural Anesthesia)』 に切り替えることも可能です。

昔に比べて、周産期死亡率(分娩の前後に赤ちゃんが死亡する率)は 近年の産科学の進歩によっていちじるしく低下しています。

最近はやりの、自然主義?(ほったらかし分娩)には疑問をもたざるを得ません。

もちろん、不安でいっぱいの産婦さんにとって、家庭的な雰囲気の中でのお産は望ましいと考えます。

そこで、希望される方には夫の立会いも可能な限り許可しています。

夫がそばにいてくれるだけで、楽な気持ちでお産をむかえられることが多いようです。

kakuiryou